ワキガとは「アポクリン腺」から出る汗が原因で、強い臭いが出る体質のこと。

ワキガ体質は、このアポクリン腺の数が多かったり、大きく発達しているという体質です。

皮膚にある汗腺には、アポクリン腺の他にエクリン腺という汗腺もあります。

エクリン腺は、体温調節や皮膚の健康を守るために全身にある汗腺です。

99%が水分でわずかに塩分を含むサラサラした汗です。

アポクリン腺は、ワキ・へそ周り・耳・乳首・性器・肛門周りなど体毛のある限られた場所にある汗腺で、頭皮にはありません。

アポクリン腺はまったくない人・少しだけある人・たくさんある人と個人差があって、これは遺伝によって決まってきます。

アポクリン腺がまったくない人はワキガ臭はしません。

少しある人は大量に汗をかいた場合少し臭う程度です。

たくさんある人は汗の出る量が多く、アポクリン腺のある場所も広範囲になるので臭いが強くなります。

この臭いの強い人がワキガとなるわけです。

ワキガのニオイってどんなニオイ?

ワキガのニオイは人それぞれですが、下のようなニオイに例えられています。

  • 玉ねぎ
  • ネギ
  • 古くなったプラスチック
  • カレーの香辛料
  • ニラ
  • 納豆
  • 鉛筆の芯

ワキガ臭は、鼻に刺激のあるツンとしたニオイがするのが特徴です。

ワキガは遺伝によって受け継がれる体質なので、親や親族にワキガの人がいる場合は遺伝するかもしれません。

誰もワキガじゃないのにワキが臭うんだけど・・・という場合は他の原因が考えられます。

ワキガはアポクリン腺から出る汗を皮膚に住む細菌が分解して出る強い臭いのことをいいます。

アポクリン腺から出たばかりの汗は無臭です。

ワキガは保険適用で手術ができる

ワキガは医学用語で腋臭症(えきしゅうしょう)という名前がついています。

ワキガの臭いに悩み、気にし過ぎることで精神的にまいってしまうことも多いので、今は保険が適用される手術が受けられるクリニックが多数あります。

費用は3割負担で両脇5万円ほどで受けられます。

手術を検討するときは、保険適用か保険適用外かクリニックによって違うので、必ず確認するようにしてください。

保険適用の手術は、おもに反転剪除法(はんてんせんじょほう)という手術が行われます。

反転剪除法は、ワキのシワに沿ってメスを入れ、脇の皮膚を剥がして裏返し、目視でひとつひとつアポクリン腺をハサミで取り除く手術です。

YouTubeで手術の方法が公開されているので、興味がある人は見てみるといいと思います。

かなり強烈な印象を受ける手術なので、見たい人は覚悟して見ることをおすすめします。

手術動画を見てみると、医師の腕と技術がのちのちの手術結果に左右されると強く感じます。

適当にクリニックを選んでしまうと、あとで取返しのつかないことになりかねません。

手術したい場合は、必ずクリニックを徹底調査してから、信頼できると感じた医師にやってもらうことを強くおすすめします。

ワキガの手術をしたあとに臭いが再発したり、後遺症に悩んでいる人がいるのも現実なんです。

誰かにワキガと言われた、だから手術しよう、と簡単に決め、行ったクリニックがちゃんとしたクリニックである保証はないんです。

悲しいですが、これが現実です。

反転剪除法(はんてんせんじょほう)手術は傷が残る

手術を受け、アポクリン腺がしっかり取り除かれれば基本的にワキガで悩むことはなくなりますが、どうしても傷跡が残ってしまいます。

中には絶対に傷跡を残したくない人もいますよね。

その場合、保険適用外で費用も30万円を超えてきますが、ミラドライという装置による傷跡を残さない治療もあります。

ただ、ミラドライは1回でワキガが治る場合もあるし、何回やっても治らない場合もあるようです。

その他に、傷跡を最小限にして行われる手術などいろいろな選択肢がありますので、本気でワキガに悩んでいるなら、まずは専門医に相談することをおすすめします。

ただ、ひとつ言えることは「手術は最終手段」と考えてください。

ノーリスクの手術はありません。

食事の見直しやデオドラントでワキガで悩まなくてよくなった人もたくさんいるんです。

当サイト一押しのデオドラントを紹介しますので、いちど検討してみてください。