すそわきがに悩まないために出来る対策とは?

すそわきがすそわきがのようなデリケートゾーンの悩みって、誰かに相談しづらいですよね。

なかには、ニオイを気にし過ぎて対人恐怖症になってしまう人も。

今回は、体臭の中でも陰部のワキガ「すそわきが」に焦点を当てて、どう対処すればいいかを徹底解説していきたいと思います。

すそわきがに悩んでいる人や、すそわきがについて知りたい人は参考にしてください。

すそわきがとワキガとの関連性

すそわきがは、ワキガ体質の人の多くが抱えている悩みです。

現在、日本におけるワキガ体質の人の割合は「全体の約10%」と言われ、1,000万人強の人がワキガ体質であるとされています。

ワキガ体質は遺伝によって受け継がれる体質で、思春期を迎える頃に体臭の変化が現れはじめ、独特なニオイを放つようになります。

この独特な刺激臭がワキガ・すそわきが・チチガなどと言われ、現代社会において悪臭になってしまっているのです。

昔は、わきや陰部などからフェロモンが出ているとされていてニオイが強いほどモテていたそうですが、現在は食生活の変化やフェロモンを嗅ぎ分ける嗅覚が退化してしまったため、悪臭に感じる人が多くなっていると考えられています。

とはいえ、このニオイが好きだという人がいるのも事実です。

すそわきがとは?

すそわきがとは、陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗と陰部に常在する菌が原因で発生する強いニオイのことです。

すそわきがが発生する仕組みはワキガと同じです。

➔ワキガが発生する仕組みはこちら

すそわきがは、医学用語で「外陰部臭症(がいいんぶしゅうしょう)」と呼ばれています。

すそわきがには医学用語がついていますが、手術を受けたい場合は保険適用外になり30~40万円程度の費用がかかります。(ワキガの手術は保険が適用される手術があり両脇5万円程度で受けられます。)

手術をすればニオイがなくなる可能性が高いですが、手術を受けるのは怖いし費用も高い・・・と感じる人は多いと思いますので、まず日常生活でできることを紹介していきたいと思います。

どんなニオイがするの?

まず、すそわきがのニオイは

  • ネギのようなツンとしたニオイ
  • 納豆のような足臭のようなニオイ
  • スパイシーなニオイ
  • 鉛筆の芯のようなニオイ
  • 生ごみのようなニオイ
に例えられています。

日常生活できるすそわきが対策

すそわきがのにおいを対策をするために、以下の4つの点を抑えておくことが大切です。

  1. 食生活に気をつける
  2. ストレスをため込まない
  3. 便秘に気をつける
  4. デオドラントクリームを使う

食生活に気をつける

食生活は、体臭に大きく影響します。
栄養バランスのとれた食生活をすることがすそわきがの臭い対策になります。

動物性たんぱく質や動物性脂肪の取り過ぎは悪臭のもとです。

野菜・果物・豆類・キノコ類・海藻など食物繊維が豊富なアルカリ性の食品を食べるように心がけましょう。

押さえておきたいポイントは「栄養のバランス」です。

ニオイが気になるからと言って、動物性のたんぱく質・脂質をまったくとらないことはおすすめできません。

油ギッシュな人やベタベタした汗をかきやすい人は、取り過ぎている可能性がありますので控えることをおすすめします。

食前に梅干しを1個食べるようにしたり、緑茶を飲む習慣をつけると悪臭予防に効果的です。

ただし、1品目の食べ過ぎや飲み過ぎは健康を損ねる恐れがありますので、栄養のバランスを意識するようにしましょう。

ストレスをため込まない

過剰なストレスは、活性酸素を大量発生させて体内の酸化が促進されるため、体臭が悪化します。

ストレスで胃の働きが弱まることで消化不良が起こり、未消化の食べ物が体内で腐敗することで体臭が臭くなります。

さらに、ストレスで交感神経が高ぶると汗腺が刺激されるため、分泌される汗の量が増えることで、すそわきがの臭いが強くなります。

過度なストレスを感じたら抗酸化作用があるビタミンC・Eやカロテノイドを含む果物や野菜を食べるように心がけ、20~30分程度のウォーキングをするなど適度な運動をするようにしましょう。

便秘に気をつける

便秘が長引くと、腸内で腐敗した便から発生する毒素が、血液中に吸収されてしまいます。

毒素は、通常であれば腎臓でろ過されて浄化されますが、ろ過しきれなかった毒素は「汗腺や生殖器」などから発散されるため、すそわきがの臭いを増強させてしまいます。

便秘にならないように、食物繊維が豊富な野菜・海藻・きのこ類、乳酸菌を含むヨーグルト・発酵食品などを食べるように心がけましょう。

小食や運動不足も便秘の原因になります。

デオドラントクリームを使う

すそわきが対策には、クリームタイプのデオドラントを使いましょう。

デオドラント商品には、スプレータイプや液体タイプがありますが、すそわきがには蒸発しにくく効果が持続しやすいクリームタイプが1番効果的です。

陰毛が多いとじゃまをしてクリームが塗りにくいので、ある程度カットして短くしてから塗り込むといいでしょう。

クリームタイプのデオドラントはいろいろありますが、まずは返金保証がついたクリアネオという商品から試してみることをおすすめします。

クリアネオがワキガだけでなく、すそわきがにも使用できるお肌に優しいデオドラントクリームです。

すそわきが対策のまとめ

すそわきがのニオイは食生活に気をつけて適度な運動をし、デオドラントクリームで対策すれば抑えることが可能です。

このような生活スタイルは健康にもいいので、一石二鳥になります。

最初は苦しいし面倒かもしれませんが、慣れてしまえばなんてことはありません。

まずは自分ができることから始めてみてくださいね!

クリームの詳細はこちら↓クリアネオ

➡気をつけたい食べ物・飲み物