脇毛 脱毛

ワキガの臭い対策をするときに、脇毛をどうすればいいのか迷いますよね。

ということで、脇毛の役割から分析して脇毛がいるのか、いらないのかをまとめました。

ワキガの臭い対策をしたいけど脇毛の役割って?

脇毛の役割には

  • 脇の皮膚を守る
  • 脇から出るフェロモンのにおいを周りに広げる
  • 脇汗が流れるのを阻止する

ことなどが挙げられます。

脇の皮膚を守る

私たちの祖先が、まだ自然の中で過ごし体毛で覆われていた頃。

毛細血管が集中する脇が傷ついては大変なので、脇を守るために脇毛は必要でした。

しかし、今は大自然で生活している人はほとんどいませんし、下着をつけたり洋服を着ていますので、脇毛で守る必要性は特にありません。

脇から出るフェロモンのにおいを周りに広げる

脇や陰部からは異性を引きつけるためにフェロモンが出ていて、そのニオイを長く留まらせて周りに広げるための役割を、脇毛がしていました。

しかし、ほとんどの人類は、フェロモンを嗅ぎ分ける嗅覚が退化してしまったため、脇毛はただ悪臭を放つだけの存在になってしまっています。

脇汗が流れるのを阻止する

脇毛があると、脇毛に汗が吸収されるので、脇汗がどっと流れるのを防いでくれます。

この点では脇毛があることに利点はありますが、なくても脇汗をケアできるグッズは多数販売されていますので、脇毛がないほうが清潔感があっていいという意見が多数をしめます。

ちなみに、「脇毛を永久脱毛したら脇汗の量が増えた気がする・・・」という意見がありますが、脇汗がダイレクトに流れるようになっただけで、脇汗の量が増えたわけではありません。

ほぼ水分の汗を排出するエクリン汗腺は毛穴につながっていませんし、エクレン汗腺の数も幼少期に決まっているので増えることはないからです。

さらに言うなら、汗の量は脳からの指令で調節されています。

脇毛はなくていい!

現代人にとって、脇毛はなくても問題はないと言えます。

脇毛があるとニオイがこもりやすくなるため、服を脱ぐときに臭くないか心配になってしまいます。

最近では、臭いや見た目を気にする男性が、脇毛を永久脱毛することは珍しいことではありませんし、男性でも脇毛を見られるのは嫌だ!という意見も聞こえてきます。

女性の場合は、大多数が脇毛を気にしています。

ということで、脇毛が生えそろう年頃になったら永久脱毛してしまうとあとあと楽です。

永久脱毛が完了する期間は1年くらいかかりますが、脇毛が生え変わるサイクルの毛周期に合わせて8回~くらい脱毛サロンなどに通えば、脇毛は生えてこなくなるので、脇のケアが非常に楽になります。

脇毛だけであれば、低価格で脱毛できるサロンが多数ありますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

カミソリや毛抜きなどを使った自己処理を続けるくらいなら、思い切って永久脱毛してしまうことをおすすめします。

ワキガで悩んでいるのなら脇毛はないほうがいいですよ。ワキガ臭を増強させるだけですからね。